自己紹介

シンガポール在住元証券マンの自己紹介。

投稿日:2017年1月25日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

最初の投稿なので自己紹介します。

東京生まれの大阪育ち。
今となってはシンガポールに住んで仕事してますが、数年前までは早起きして満員電車に揺られて縮こまって日経新聞を広げて、
空が青いなんて完全に忘れるくらい余裕失ってた。
あ、ちなみにシンガポールで仕事というのは駐在ではなく、現地採用です。


そこに行き着くまでのお話。

大学時代は典型的な大学生をして過ごして、就職売り手市場と言われていたのでフラフラと旅行とバイトとサークル明け暮れ、
リーマンショックが起きて、突然就職難に。。


そうこうしているうちに大学4回生になって、みんな就職先がどんどん決まってでも全然決まらなくて。。
夏の暑い時にあのリクルートスーツを着て本当に秋口にようやく内定をもらったのが某証券会社。


もう決まったことに安心したよね。
よくある、内定もらうのがゴール。
もらえて安心、その時はもう仕事の内容なんか全く気にもしてなかった。


とりあえずそれで、内定もらったから遊びますよね。
黒く染めた髪の毛を明るく染め、リクルートスーツを捨て(本当に捨てたw)、旅行、サークル、飲み会などなど。



いよいよ就職して始まった新社会人生活。
最初はいいよね、新しいスーツに新しい靴に、新しいカバンに、新しい環境。
ちょっと大人の仲間入りみたいな。
最初は研修や資格のための勉強だったのでちょっと大学の延長みたいな感じ。ここらあたりは同期とわーわー言いながら楽しくやってた。
でも実際業務がスタートしてからは本当にもう大変。
うちの会社は別にブラック企業とは言えない会社でしたが、
というか証券会社はどこでもそうやと思うけど、ノルマがやばいw
しかも毎月ゼロからスタートして積み上げてクリアしていく目標も、翌月頭になるとゼロからのスタート。
毎日毎日、毎月毎月やることは繰り返しで、土日は仕事休みやったけど日曜日の夜になってくることもうブルーになってくる。
あー明日このお客さんに電話して、どうアプローチして、どう数字決めてこないととか。。
しんどいよね。


夢にまで出てきて、
頭の中で電話のコール音が響いてたりしていました。
先輩の中でもストレスから鬱になってしまったり、私自身も胃腸炎になったり。
おかしいよね。
食べるために仕事してるのに、その仕事で体調を崩すとか。


だんだんここらへんから自分の人生について考えるようになってきて、
このままじゃ、いかん!と。







この続きについてはまた明日に。



LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-自己紹介

執筆者:


  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

それで本当に大丈夫?失敗しない留学先の決め方、基準の設け方。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回は私が留学した際に学校を決めた方法、基準の設け方を書いていきたいと思います。 留学先を決めるのって大変ですよね?国も様々、金額も様々。 国を選 …

シンガポール在住元証券マンの自己紹介3

Sponsored Link こんにちは、しほです。 昨日のつづき 仕事が嫌なる、自分は本当は何をしたかったのか、何がしたいのかろ自分と真剣に向き合いました。 大学生の時なんかほんっまに何も考えてなく …

no image

シンガポール在住元証券マンの自己紹介2

Sponsored Link こんにちは、しほです。 昨日のつづき。 仕事に嫌気がさしてきた入社2年目。 いや、正確には結構1年目の早い段階から嫌気はさしてました。。 ちなみ私が入社した時期はギリシャ …