インドネシア

インドネシア プラウスリブ〜ティドゥン編

投稿日:2017年2月22日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

タイトルだけではあんまりわからないですよね。
インドネシアってご存知の通り、島がほんっとうに多いんです。
横に広くて大きさでいうとアメリカ大陸くらいあります。

今回書いて行きたいのは、ジャカルタから船で3時間ほどのところにあるティドゥン島について。
プラウスリブとは千の島々という名前のごとく、無人島から人が住んでる島までそれくらいたくさんの島が集まっているエリアです。

日本人にとっては馴染みがないとは思いますが、
インドネシア人、特にジャカルタに住んでる方、またそのあたりの駐在員とかには人気だと思います。

ネットで見ていて、海の色が本当に青!!!
この青に惹かれて一瞬でいくこと決めたw

3泊4日のまた強硬スケジュールでジャカルタ、ティドゥン、セパ、ジャカルタに戻ってきて、
深夜便、早朝にシンガポール着、それからそのまま出勤という我ながらよくやったなというスケジュールでしたw

ティドゥン島はプラウスリブで人気な島の中でも一番離れたところにあり、
すんごい!ほんとにすごいローカルしかいない島。

ずーーーーーーっとインドネシア語で話されてたけど1ミリもわからなかったw
Google翻訳で会話をしていましたw

でも島の人がとってもあったかくて、優しくて、サンセットが見たいっていうと自分の原チャを出してくれて、
私と友達とその人の3人乗りで見に行ったり、朝も島移動する時もずーっと見送ってくれて。。
1泊しかしてないのに何か別れ際泣きそうなりましたw

実は1日目、ジャカルタでセブの語学学校で一緒やった子が働いていて、その子たちに会ってたまった話をしていたら、
気づいたら深夜w もうシャワーを浴びる元気もなくベットに倒れこむ。。
そのままティドゥンへ。

ジャカルタの港の海ってほんまに汚いんです。。
港に着いた時びっくりした。
ヘドロというか。。臭いもすごくて。。

この海がネットでみた海になるんか?3時間で。。と疑心暗鬼でしたが、ついて驚き!!!!

たぶん人生で1番きれいな海みたかも!
透き通りすぎてイカとかまでみれるし、感動した!


宿というか民家みたいなところに泊まったのですが、
その民家の裏側はもう海!海が広がってるんです!

私は結構汚いところとか設備が整ってないとこでも泊まるのには慣れているのですが。。

予想してなかった。。桶シャワーw


昨日シャワーしてなかったのに今日もちゃんと入れず。。後悔w

まあ、でもそんなことすらどーでもよくなるくらい海がきれいで、
海辺に手作りのブランコとかもおいてあって、もう何なんここ!!!!



ローカルの子供たちがきゃっきゃ言いながら海に飛び込んだりしてるのを見て、
こんなところでこんな感じに育ったら悪い心なんかなさそうとかぼんやり考えてました。




それでは次はティドゥンからセパ島に移動したことの記事を書きまーす!

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-インドネシア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インドネシア プラウスリブ〜セパ島編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は昨日の記事に引き続いてプラウスリブの島について書いていきます。 ティドゥンからセパ島に移りました。 この移動に船をチャーターしてもらったんや …

アニエール〜ジャカルタから陸路で1時間半の旅

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はインドネシアのアニエールについて書いていきたいと思います。 実はアニエールというのはプラウスリブの中にもあるらしいのですが、 今回行ったアニ …

バリ〜サーフィン初体験の巻

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はバリについて書いていきたいと思います。 バリはもう日本人の人でもよく知っているリゾートですよね? バリ島はインドネシアに属している島で、イン …

バリ島のとなりに位置するロンボク島

Sponsored Link こんにちは、しほです。 突然ですが、ロンボク島って知っていますか? ロンボク島とはインドネシアに属していてバリ島の東に位置する島です。 もうね、すっごく良い。 海が本当に …

no image

バタム島〜シンガポールから40分で行けるインドネシア

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はシンガポールから40分で行けるバタム島というところについてお話します。 バタム島への行き方 バタム島へはまずシンガポールを出発点に考えます。 …