インドネシア

バリ〜サーフィン初体験の巻

投稿日:2017年2月24日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。


今日はバリについて書いていきたいと思います。
バリはもう日本人の人でもよく知っているリゾートですよね?

バリ島はインドネシアに属している島で、インドネシアは基本的にはイスラムのお国なんですね。
でもここはヒンドゥ教の国なので、ドリンクの制限が本土に比較的ないような気がします。
ま、最も有名な観光地なので全く問題ないのですが。。

観光客相手にしてるところって、ローカルはちゃんと自分の商売のために外国語を勉強してる。
本当に感心する。
売り子とか客引きとかのお兄ちゃんでも子どもでも日本人には日本語、中国人には中国語、韓国人には韓国語。
欧米には英語。


すげーwww


シンガポールに1年ちょっと滞在しだしてからもう日本人には見てもらえなくなってきています。。
日焼けの問題とかもあるんかな。。

今回バリは初めてで、実は友達がサーフィン留学(ただサーフィンしてるだけw)をしていて、
半年ほどバリに住んでいました。もう帰国することが決まっていたので、いる間に!と思って1泊2日の弾丸ツアーしてきました。


友人は夫婦で滞在していて、バリの前はオーストラリアに半年ほど住んでいたそうです。
素晴らしい人生経験。

私はサーフィンはしたことなかったので、友人に手取り足とり教えてもらいました。
聞くところによると、ビーチ歩いてたらおっちゃんが声かけてくれて、そういったサーフィン専門のお店もあるみたいですが、
そんな感じに値段交渉して、じゃやるか!みたいになるらしい。

私の場合は友人が教えてくれるので、コーチング代はかからず、
サーフィンの板とラッシュガードを借りました。
たぶんトータルで2000円くらい。



あの、サーフィンってね。しんどい!!!!



全身を使うし、こけたら板が降ってきた!なんてあるし、
波待ちしてパドリングして立つ時に体や腕が板に擦れるんです。これを何回もやってたら普通に傷できたw


あと、こけた後また波待ちするためにポイントまでいく。


しんどい!


運動不足が露呈されるw


翌日は言うまでもなく全身筋肉痛ですよね。。


私は体重が軽い方なので結構ロングボードだとバランスが取りやすいみたいなのですぐに立てました。
立てた時はすっごい嬉しいけど、体力の問題w

友達に言わせると、ハマると抜け出せなくなるみたいですw
それこそ日本の真冬の海にドライスーツ着てでたり。。
車で何時間もかけて良い波がくるポイントまでいったり。。

今回私がバリで体験したところは初心者でも大丈夫な波の高さだったんですが、
ふとした時に予想よりも高い波が来たりするとちょっと恐怖感じました。

友人はわざわざ雨季の波が荒れてる時にそういうポイントにいったりして波乗りするそうです。。
こわい。。


ちょっとその辺の境地にいくまでは全然まだまだ時間かかりそうです。。
と、いうか結構この1回で満足した。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-インドネシア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インドネシア プラウスリブ〜ティドゥン編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 タイトルだけではあんまりわからないですよね。 インドネシアってご存知の通り、島がほんっとうに多いんです。 横に広くて大きさでいうとアメリカ大陸くら …

no image

バタム島〜シンガポールから40分で行けるインドネシア

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はシンガポールから40分で行けるバタム島というところについてお話します。 バタム島への行き方 バタム島へはまずシンガポールを出発点に考えます。 …

インドネシア プラウスリブ〜セパ島編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は昨日の記事に引き続いてプラウスリブの島について書いていきます。 ティドゥンからセパ島に移りました。 この移動に船をチャーターしてもらったんや …

アニエール〜ジャカルタから陸路で1時間半の旅

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はインドネシアのアニエールについて書いていきたいと思います。 実はアニエールというのはプラウスリブの中にもあるらしいのですが、 今回行ったアニ …

ビンタン島〜シンガポールから1時間でいける島

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールから1時間でいける島、ビンタン島について書いていきたいと思います。 以前シンガポールから40分でいける島、バタム島について書きま …