タイ

リペ島〜東南アジアのモルディブと呼ばれる島

投稿日:2017年2月25日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

今日はリペ島について書いていきたいと思います。
そもそもリペ島って聞いたことあります?
国はタイになります。何と東南アジアのモルディブと異名を持つ島です^^
これ聞いてすぐに航空券を予約しました笑
無類のビーチ好きなもんで^^

リペ島への行き方

日本からだとまずクアラルンプールを経由してランカウイに飛びます。
ランカウイから船でタイに入国し、リペ島到着!という流れです。

船で入国って初めて!とか思っていましたが、ビンタンとバタムでやってました^^

ランカウイから船は1日に2便あります。
ランカウイの空港でタクシーの客引きをしているおじさんがいるので、そのおじさんにリペ島にいく!
とこれを話すだけでOK!となります。
タクシーで港まで連れていってもらうと船着場に係員がいます。
(私たちは早く着きすぎたので誰もいてませんでした。常時誰かがいるという感じではなさそうです。。)
近くに食べるところがあるのでそこでランチをして時間が近くなってから船着場に行きました。
すると係員がいたので、タイの出入国カードを記入してください。
係員の指示でパスポートコントロールのところに歩いていきます。
それが終了すると船です!なぜかパスポートを回収されましたが、リペ島についてから返却されました。

ポイント!!!
行きのタクシーのおじさんに言われるかもしれませんが、
帰りにこの港に戻ってきた時にタクシーは捕まえていた方が無難です。
私の場合、行きのタクシーのおじさんが帰りに迎えにきてくれると言ってくれました。
(実際迎えにきてくれましたが、本当に来るまで疑ってました笑)

帰りにランカウイに戻ってきた時にタクシーを待っている人が大勢いました。
結構辺鄙なところなので空のタクシー走ってるということはあまりないです。。
ただ、現地のタクシーのおじさんたちも船の時間くらいは知っているので客をひろうために待っているのは待っていましたが、数が少なかったです。。
飛行機の時間がギリギリ!とかの問題があれば先にタクシーを確保しておくのもありですね!
 

 

で、いざリペ島上陸!!!!!


え。。。。


この島、本当に欧米に支配されてるw
いや、本当に来ている人が欧米ばっか!


私の印象なのですが、タイって結構欧米に人気あるんですよね。
でもそのだいたいの島とか地域って本当にヒッピーみたいな人多いんですw
わかります?

でもこの国って、しっかりとちゃんとし仕事してそうな人がいっぱいいてた。
まあ、見た目と私の勝手な偏見ですがw


ダイビングが有名ということでダイビングを予約しにいくと、
店の中、ほんまにここタイ?ってなるくらい欧米ばっかりで、
案の定翌日ダイビングの船なんて、アジア人は私と友達の2人だけ!



ええええええええ。。

アジアなのにアジア人アウェー感ww



バディとなるインストラクターが私たちについてくれ、ポイントの説明をしてくれました。
話していると彼女は南アフリカ出身の白人で、仕事で不動産関係の仕事を10年されていたそうです。
でも仕事はタフでなかなか自由な時間がなく、このままで自分の人生良いのか。。。


と、思い直し、リペ島にきたとか。


その流れ、すごい欧米ぽくて素晴らしいなと思うんですが、なんでこんなタイのしかもこんなにちっこい島?
なんでここ?ってなりました。。

もともとダイビングをされていた方でなくて、ビザのためにそのダイビング屋さんで
仕事をしているとのこと。


なんか、ほんと尊敬しますね。


ちなみ海はまあまあでした。天気のせいか少し砂が舞い上がっていて透明度は高くなかったです。
潮の流れが速くちょっと怖かったです。。
サンゴで手切ったし。。痛い。。

でもビーチ際の海の色はみどりっぽい青できれかったです。


宿ではイタリア人のおねえさんがワーホリ?みたいな感じでスタッフをしていたり。。
なんかよくわかんない島でしたw

しかも来年彼氏と日本にいくんだー!なんていってくれて
すごい積極的に質問してきてました。
その質問も普通の観光地とかではなく、漁師さんと一緒に生活体験できるようなとこがいいとか言われw
日本人でもあんまりそんなとこ知らないし、しないよ!って話したりした。


好奇心、冒険心、チェレンジ精神は忘れず学んでいきたいなーと思いました。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-タイ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雨季か乾季かチェックした?〜クラビ編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回ははタイのリゾート、クラビについて書いていきたいと思います。 クラビ クラビとはマレー半島にの西側で、プーケットのすぐ東側に位置します。 やは …

サムイ島〜ゆっくりとした時間が流れる島

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はサムイ島について書いていきたいと思います。 別名コサムイ。コとかタイ語で島という意味だそうです。 なので、前回書いたリペ島もみんなコリペと呼 …

no image

激安!クオリティ高い!バンコクでペディキュア

Sponsored Link こんにちは、しほです。 前回に引き続いて、今回もタイです。 バンコクです。 現地に知り合いがいると本当に心強いです。 全部任せっきりw 私は今シンガポールに2年半ほど住ん …

プーケット〜キックボクシングで爆睡

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はタイのリゾート地、プーケットについて書いていきたいと思います。 日本からはバンコク経由かシンガポール経由になります。 成田のみ直行便が就航し …

no image

ラン島〜バンコクから3時間のリゾート〜

Sponsored Link こんにちは、しほです。 2年ほど前にシンガポールからタイのバンコクに遊びに行った時にバンコクから3時間かけてラン島というリゾートに行ってきました。 タイはシンガポールから …