シンガポール 海外就職

海外就職ってどうするの?英語は?inシンガポール

投稿日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

私はシンガポールで現地採用として2年半働いています。
今日は私の経験を基にシンガポールで就職活動をする際に疑問、5つのポイントについてお話していきたいと思います。


就職活動するにあたってまず何をしたらいいの?




。。英語力です!




と、そんなバカことは私は言いません笑。


何からスタートすれば良いの?



履歴書や職務経歴書、英文の履歴書は必要です。
インターネットで検索すると出てくる日系のエージェントで大丈夫ですので現地の就職エージェントに片っ端から連絡をとっていきましょう。
就職エージェントに登録すると様々な案件がメールで送られてきます。


しかし!結局のところよくわからない!ピンとこない!



これが実際のところです。
ですので、現地に就職する決意が固まっているのであれば、エージェントにSkype面談してもらいましょう。エージェントによっては英語テスト(簡単な会話、質問をされてそれに答えられるか)が行われます。
そのSkype面談の際に自分が希望する職種や業界なども伝えると。その希望に合わせた案件を紹介してくれます。
このSkype面談の時に生活でかかるコストや現地の生の情報も聞いておくのが良いと思います。実際に住んで仕事を現地でされている方たちなので。


私はシンガポール渡航前にいくつか案件を紹介してもらい、応募もしましたが(かなりの数)、書類審査を通過して面接の予約が入ったのは1件だけでした。
シンガポールに渡航することはすでに決めていたものの、内心かなり焦っていました。
私は日本で働く気もなく、海外で働きたい一心で仕事も辞め、留学費に大金を使っていたのでお金のなかった状態でした。
なので、シンガポールに行く前に面接が数件入ればいいや。。あわよくば日本にいて内定とかもらえたらいいなーなんてかなりナメました笑。
でも結果渡航前に決まっていた面接は1件のみ。(しかも自分が興味ない分野笑)


面接の予約が入っていなくても渡航しても大丈夫?




大丈夫です!
むしろ行ってからが勝負です!
実際渡航の決意が固まってない段階で案件紹介の問い合わせが多いので現地に行ってからでないと紹介できない案件もあるとエージェントの人が言っていました。

渡航して初日。。
1日かけて登録したエージェントに向かいました。(これは事前にアポイントをとっています。私の場合は3件回りました。)
その初日で挨拶をし、さらに案件を紹介してもらいます。
ここからは本当にスピードが早いです。

この3件のエージェントから紹介された案件の中から希望するものをピックアップしては履歴書や職務経歴書を送ってもらいます。
初日は就職活動はせず、エージェントとの顔合わせだけでした。
その顔合わせ後にエージェントから次々と電話がなり、面接の予約が入りましたとの連絡をもらいました。結果渡航2日目には4社のアポイントが入りました。

渡航2日目
早朝から土地勘もない場所を電車を使い面接に向かいました。
面接の形態は日本人の男性とシンガポーリアンの女性と私の3人での面接でした。
日本のようなグループ面接ではなく、比較的緊張感は少なかったです。



でました!シングリッシュ!



もう最初びっくりしましたね。衝撃でした。
今となっては慣れましたが、面接でこれが出てくるともう全くわかりませんでした。
アクセントが強烈で、何回聞き直したのかわからないです。。
結果日本人の男性に話してもらうという。。情けない。


こんなことで落ち込んでられず、この面接が終わると次の面接がまた入っています。
次に向かいました。
次はその会社の社長との面接。
シンガポーリアンの方という情報だけもらっていたので本当にそわそわしました。。

この面接はサクッと終わり、ランチを食べて次の面接に向かう途中に朝イチで受けた面接の結果がエージェントの人から来ました。


。。。不合格。
理由を聞くと事務系の仕事で元営業の私には向かないと言われました。。
そんなことで落ち込んでいる間もなく、また面接です。


3社目の面接が終わり、次の最後の面接を受けるために移動している時にまたエージェントから電話。。

不合格だったらどうしよう。。
そんな気持ちで電話にでました。


すると、


!!!!!!!!!!



2件目に面接した会社から内定でたよ!とのこと。
それからさっき受けたばかりの3件目は2次審査の案内。


はやい!
すごいスピード感です。
2次審査の案内をくれた会社とすごく迷ったので、少し考えたい旨、それから
結局その電話で次に入っていた会社の面接はキャンセルにしてもらいました。


悩みに悩んで、結局内定をだしてもらった会社にいくことに決めました。
そして私のシンガポール就職活動は2日間にて終了しました。


この怒涛のシンガポール就職活動を通してやっておいてよかったなと思ったこと


情報収集
これはこの海外就職の分野だけに言えることだけではないですが、結局のところこれにつきます。情報を持っているだけであらゆることに対応可能です。いかにその分野を勉強するや備えあって憂いなしです。私は就職活動するにあたって現地採用の人のブログやそれに関する本を読み漁り、セミナーも行きまくりました。イメージも湧きやすいですし、現地の声は知っておくべきです。

英語の自己紹介暗記
アメリカ(3ヶ月のビジネス留学)で習ったのですがエレベータースピーチと言って、
もし上司とエレベーターで出くわした時にどのように自分を紹介してアピールできるかという文章を作成しました。この文章を暗記してどの面接でも話していました。
いわゆる自己アピールですね。これはかなり役立ちました。


英語の勉強は?
しておいた方が良いですもちろん笑。しかし日本人で、私もそうですが仕事で英語を操れるというのはかなりレベルが高いです。海外就職するために留学するというのもありですが、結局のところ私のような英語レベルの人間の価値というのは『日本人であること』。これです。日本人の枠がほしいという企業にまず入ることが近道かもしれません。そこから英語をブラッシュアップしていき、次は外資系に入るなどそれは一度就職してからでも転職することは可能です。考えすぎて足が止まってしまうのが一番悲しいです。行動することによって選択肢はどんどん増えていきます。


自分は何がしたいのかという軸を持つこと
内定がでた時、まだ選考途中の案件がある時にかなり迷いました。
というのも、選考中のものが給料がめちゃくちゃ良かったんです笑。この給料に目が眩んでいたこともあったのですが、本当にしたいことは何かと自分に問い直してみました。


いちいち落ち込まないこと
このスピード感では落ち込んでいる暇はなかったです。それに移動も多いし、慣れない環境で面接というように極度に緊張します。私は動いた日数は少なかったですがかなり体力を消耗しました。



まとめ
ー履歴書等を準備できれば現地エージェントに登録をする
ーSkype面談の際にできる限りの質問をし、自分が望む案件を紹介してもらう
ー現地に着けばエージェントに向かい、更なる案件を紹介してもらい面接を組んでもらうようにする
ー英語のレベルは高いに越したことはないが、行動することも大事
ー自分の軸をしっかり見つめ直し、自分で意思決定をする
ーいちいち落ち込まないこと


以上になりますが私の経験を踏まえて海外就職について書いていきました。
行動することがほんと大事!最初は怖いけど行動することで道は開けます。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, 海外就職

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

シンガポールのOSAKAきっちん。に行って来た

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はOSAKAキッチンにいってきたのでそのレポ。 勝手にお好み焼きのお店と思って事前情報なしでいきました。 もうすぐJapan Foodtown …

ミシュラン星1のShinjiにシンガポールの現地採用のガキが行った結果

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポール現地採用のこのわたしが、 あの!シンガポールのShinji by Kanesakaに行った結果。。 ということで記事を書いていき …

シンガポールガーデンズバイザベイ!価格は?おすすめの時間帯は?

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はガーデンズバイザベイ!の情報について書いていきます。 これは観光地の中でもマストポイントとしてあげられること多いですよね。 実は、シンガポー …

シンガポールラーメン戦国時代!一風堂蔦三宝亭一幸舎麺屋武一など

Sponsored Link こんにちは、しほです。 大変です!シンガポールがラーメン戦国時代に突入しました! いや、もうまじでシンガポールのラーメン屋何個あるんですかって話。 思い出せる限りレビュー …

シンガポールのタクシー徹底解説。料金制度やアプリなど

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールのタクシーについて徹底解説していきます。 先日は路線バスと電車(MRT)の乗り方について解説していきました。 シンガポールのタク …