シンガポール シンガポールの交通機関徹底解説

シンガポールのタクシー徹底解説。料金制度やアプリなど

投稿日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

今日はシンガポールのタクシーについて徹底解説していきます。
先日は路線バス電車(MRT)の乗り方について解説していきました。

シンガポールのタクシーはぼったくりゼロ!
安心してどのタクシーにも乗れます。
しかも料金も安い!というか日本が高すぎ!

種類がいくつかあり、車種によって値段が少しずつ異なります。

普通車 (青色、赤色、黄色)
初乗り(1km以下乗車を含む)    $3.00-$3.40
10kmまでの400mごと      $0.22
停止中45秒ごと          $0.22

リムジン(メルセデス)
初乗り(1km以下乗車を含む)           $3.90
10kmまでの400mごと         $0.22
停止中45秒ごと           $0.22

クライスラー
初乗り(1km以下乗車を含む)      $5.00
10kmまでの400mごと        $0.33
停止中45秒ごと          $0.33

私も調べていて知ったのですが、
ベンツって結構みんな高そうなイメージがあって、
すごい長いタクシー待ちの列があってもみんな敬遠していることが多いんですよね。
でも実は初乗りだけ値段は少し高いだけでその後の値上がりは普通車と同じなんですね。
長蛇の列でみんなベンツを敬遠してる時はチャンス!

これが普通料金なのですが、
シンガポールは時間帯などによってこの普通料金に加算されていくシステムです。



加算システム


ERP

街中にERPと書かれた大きなバーがあり、ここをくぐると料金が加算されます。
時間帯によっては加算されないこともありますが、ラッシュアワー時には加算されます。
シンガポールは国策として車の数を増やさないようにしており(渋滞がひどくなるため)、
いろんなところで対策されます。
こういったERPや車税、保険(10年ごとに更新)が鬼高い。
トヨタのカローラで1000万くらいするらしい。。どんな。


夜間料金

0.00amから5.59amまで

通常料金の50%が加算されます。


ピーク時間料金

平日の6.00amから9.30amまで、または毎日(祝日を含む)6.00pmから0.00amまで

通常料金の50%が加算されます。


市内料金

毎日(祝日を含む)5pmから0.00amまで

$3.00が加算されます。
(2011年2月からはマリーナベイサンズから乗るすべてのタクシーにチャージされるようになりました。)


乗車場所による追加料金

チャンギ空港(貨物エリアも含む)

金曜日から日曜日 5.00amから0.00amまでー$5.00加算
その他の時間ー$3.00加算


と、いろいろ加算されるようなことを書いてきましたが、
実際乗ってみると全然安いです。
空港から市内までだと$20程でいけます。



また最近ではブッキングアプリがかなり使えます。
シンガポール2大タクシーブッキングアプリ。

Grab Taxi と Uber

時間帯によっては値段がかなり異なることがあるので、
もし両方とも使える状況であるならば
両方みて値段をチェックしてみるのをおすすめします。
しかも大人数で1台のタクシーに乗りたいときなど、
流れで走ってないタクシーも呼べるのでほんと便利です。

Uberの良いところは、
値段が確定しているので、
もしERPを何回通ったとしても確定料金から追加徴収されることはないです。

Grab Taxiの良いところは、
Uberと比較してかなり安いときがあります。
車の数もUberよりも多いのかな?


このタクシーアプリは事前に自分のカード情報を登録することができるので、
キャッシュレスで乗車することができます!超便利。


Uberは必須でカード情報入れなければなりませんが、
Grab TaxiはいれなくてもOK。


ちなみにシンガポールのタクシーは一応クレジットカードも使えますが、
かなりの確率で『 Cannot ! 』って言われます笑。
いや、機械ついてるやんってなりますが、ここは日本と違うんでね笑。


基本現金主義で、しかも大きいお金(観光客の方がよく持っている$100札とか)だと、
お釣りないわーみたいなときがある笑。
用意しとけよってなりますが、やっぱここは日本と違うんでね笑。


流れのタクシーでちょくちょくありますが、
行き先を告げると『 Cannot !』と乗車拒否されることもあります。
いや、お金払うんやからいけよってなりますが、やはりここは日本と違うんで笑。


まとめ
ーシンガポールタクシーはぼったくりなし
ー車種によって値段が異なる
ー時間帯、場所によって追加料金が発生
ー$100札のような大きいお札はドライバーがお釣りを持っていない可能性がある。
ータクシーは基本は現金払い
ーGrab TaxiまたはUberでらくらくキャッシュレス乗車

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, シンガポールの交通機関徹底解説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

解説!シンガポール–ジョホールバルまでタクシーで行き方

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールからジョホールバルまでの行き方タクシー編について書いていきます。 日本人からすると 国境をタクシーで越えるって何か不思議な感じし …

シンガポールの路線バスの乗り方徹底解説。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールの路線バスの乗り方について徹底解説してきます。 初めてシンガポールに来られる方は結構難易度高いかもしれませんが、 運賃は非常に安 …

海外就職ってどうするの?英語は?inシンガポール

Sponsored Link こんにちは、しほです。 私はシンガポールで現地採用として2年半働いています。 今日は私の経験を基にシンガポールで就職活動をする際に疑問、5つのポイントについてお話していき …

中華系シンガポーリアンと中国人の違い

Sponsored Link こんにちは、しほです。 実は、いや、実はっていうほどでもないですがw 中国語を習っています。 あんまり日常生活では使うことはないけど、 (たぶん使おうと思えばいくらでも場 …

シンガポールの電車(MRT)の乗り方徹底解説。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールの電車、MRTの乗り方について徹底解説してきます。 こちらも先日書いたバスの乗り方の記事と同様イージーリンクカードがあれば便利で …