シンガポール シンガポールの交通機関徹底解説 マレーシア

解説!シンガポール–ジョホールバルまでタクシーで行き方

投稿日:2017年4月9日 更新日:

Sponsored Link



こんにちは、しほです。


今日はシンガポールからジョホールバルまでの行き方タクシー編について書いていきます。

日本人からすると
国境をタクシーで越えるって何か不思議な感じしますよね。
でもできるんです!

先日シンガポールのタクシーの乗り方の記事を書きました。
でも今回はシンガポールージョホールバル間のみの特別なタクシーです。


普通の流れのタクシーでは越境できないので注意してください。


シンガポールジョホールバル間専用タクシーの乗り方


2014年まではシンガポールのどこでもピックアップ可能、
ジョホールバルのどこでも降車可能でした。


しかし現在はBan San Stationから乗車
Larkin Sentral, Larkin Taxi & Bus terminalで降車と決まっています。







これ1度わたし乗ってジョホールバルまで行ったんですね。

しかも1人で笑。


JB(ジョホールバル)でマッサージして買い物しにいこーと、
ふと思いついて土曜日に早起きして行きました。


行きは朝8時くらいにこのBan Stationに着いて
並ばずにサッと乗れたんですが、


何も下調べもせず帰り3時すぎくらいに
ジョホールバルかのタクシースタンドに行ってタクシーにを待ってたんですが、
まっっっっっったくタクシーが来ない。。


タクシースタンドのおっさんに何でタクシー来んの?
みんな並んでんのに。。と、聞くと


土日のチェックポイント(国境で入国審査するところ)は、
むっちゃ渋滞するからみんな運転したがらんねや。



えw仕事せーよ。



3時すぎにタクシースタンドについて、
シンガポールに着いたん7時笑。


どんなw


そもそもタクシーが来ないっていうのもあったんですが、
やっぱりチェックポイントも激混み。


特にマレーシア側から入る車についてはタバコやアルコールなどの違法な持ち込みがないか
などいろいろチェックされます。


まあタクシーの中では爆睡でしたが。。




料金


シンガポールからラーキンタクシーターミナル

1人SGD12です。普通車なので4人でシェアします。
ちなみにSGD48で貸切も可能。

行きのタクシー最悪で後部座席の真ん中=寝れない。




ラーキンタクシーターミナルからシンガポール

1人20リンギット(2017年4月現在500円くらい)
これも同様に4人でシェアします。
貸切の場合80リンギットです。
帰りのタクシーは窓側が良い!と言って窓側に座らせてもらい爆睡笑。



ね、値段が全然違う。。
この値段が違う理由は
昔シンガポールとマレーシア間でSGD1=1リンギットの協定を結んだからという話を聞いたことがあります。


今では物価差でこれだけ差がでていますが。。

支払いは現金払いでタクシーの中です。
シンガポールドルとマレーシアリンギットの用意を忘れずに。


タクシーの場合はチェックポイントでもタクシーから降りなくでOKです。
乗ったままでパスポートとビザを渡すだけです。
一般車と同じ扱いです。


これがバスだと
荷物も持って降りて、イミグレ通って、荷物を検査機にかけて、またバスに戻る
という手順を踏まなければならないです。



シンガポールはマレーシア、ジョホールバルからの出稼ぎが非常に多いです。
マレーシア人だけどシンガポールの永住権持っていて、
シンガポールの家賃が高いため、ジョホールバルから毎日通っている人もいます。


または金曜日などは、
シンガポール人がよくマッサージに行ったり、洗車に行ったり、食事い行ったり、
ガソリンを入れに行ったりする人が多いのですごい渋滞になります。


洗車と聞いてなんで?と思うかもしれませんが、
洗車の技術がすごい高い。手洗い!あと安い!


ガソリンもそうですね。
お隣はペトロナスという会社を持っているくらい油がでます。
なのでこれも安い!


ちなみシンガポールからマレーシアに渡る車はガソリンのメーターを
4分の3まで入れておかなければならないルールもあります。。厳しっ。


そもそもシンガポールに比較して物価が安いので全部安いです。


金曜日はだいたい4時頃から混みだします。
(みんな仕事してんかいw)


あと日曜日の夜も混みます。

かと言って平日の夜中とかだと、
ほんと40分くらいでジョホールバルまで車でいけちゃいます。



もしタクシーでいく場合は、早起きして早めに乗り、
ジョホールバルでマッサージや買い物をして
早めにシンガポールに帰国するのが懸命です。


時間帯考えていくと
車から乗り降りせずにいけるので結構楽かも。

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, シンガポールの交通機関徹底解説, マレーシア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中華系シンガポーリアンと中国人の違い

Sponsored Link こんにちは、しほです。 実は、いや、実はっていうほどでもないですがw 中国語を習っています。 あんまり日常生活では使うことはないけど、 (たぶん使おうと思えばいくらでも場 …

マンタナニ島〜コタキナバルまで編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はマンタナニ島について書いていきたいと思います。 マンタナニってたぶん聞いたことないですよね? マレーシアはマレー半島とボルネオ島の一部が国の …

レダン島〜魚の渦に突入!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はレダン島について書いていきたいと思います。 レダン島?どこ?行き方は? レダン島とはマレー半島の東側に位置し、かなり北の方にあります。 タイ …

シンガポールに来たらバクテー絶対食べて!おすすめの店舗!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は日本人大好き(なはず)バクテーをご紹介! 日本からシンガポールに旅行に来られる人は絶対試してほしい。 日本から友達が来てくれる時は必ず連れて …

ベサール島〜シンガポールから陸路と船で行ける島

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はベサール島について書いていきたいと思います。 ベサール島ってどこ?どうやっていくの? ベサール島とはマレーシアに属しおり、マレー半島の東側に …