シンガポール 考え方

合理的国家シンガポール、非合理的国家日本。

投稿日:2017年4月15日 更新日:

Sponsored Link



こんにちは、しほです。


昨日日本に出張から帰ってきたお客さんと話していて
おもしろいなーと思ったので
今日はその話をシェアしたいと思います。



その人はシンガポール在住2年半ほどで久しぶりに日本へ出張とのこと。
日系企業です。
現場(シンガポール)からは毎日報告書をあげており、
問題や売り上げの上げ方の提案までしているそう。


すべての決定権は本社がもっるんやって。


それで本社の動きが遅すぎで、
このスピード感がないと死去するシンガポールでは全然勝てないという
怒りと不満を本社にぶつけるために自費出張。。


ちょうど出張前にその人と話す機会があったので
事前の意気込みは聞いていました笑。


どんな話聞けるかなーなんて思いながら話を聞くと。



肩すかしくらったとのこと笑。



本社に出向き、意気揚々として提案。
数時間に及ぶ長いミーティング。



結果。



何も決まらなかったらしい笑。



む、むだーーーー笑。



もうこれ聞いたとき何て日本ぽいんやと。
ミーティングでは事前にシンガポール側で何度も提案、代替案をだしていたことについて、
その案でGOするのか、GOできないにしてもそれを改善してGOするようにもっていくことが議題。


結局現状の報告会みたいな感じで終了し、
ミーティング終了した後は一体このミーティングは何の意味があったんかてなったらしい笑。


シンガポールは本当に流行り廃りのスピードも速いため、
マーケットについていくには迅速な決断が必要。

わたしの会社はシンガポール人の社長で社長もほぼシンガポール人。
その他マレーシア、ミャンマー、中国人と日本人。

シンガポール人でも中華系なので非常に決断のスピードが速い。
金になりそうなことならすぐGOサインを出します。


他の企業はどうなのかわかりませんが、
実際にわたしがこの国に来て、
社長の動きを見ているとそんな感じがひしひしします。



一方で日本企業は遅い。
本当に遅い。全部が全部やないと思うけど。
あと、ミーティング好きすぎ。

そんなもんわざわざシンガポールに来てミーティングなんてせんでも
メールでええでしょ。

シンガポールにぞろぞろと大人数で来るだけで飛行機代、ホテル代発生してるんでしょ。
意味のあるマーケティングに使うならええけど
ほんと疑問。だから残業地獄なんやって。


しかも決断が遅くて結局マーケットの波に乗れず出遅れる。
飽和しているところに何でわざわざつっこんでいくの。


みんながやってるからやる?
みんながやってないことやらないと勝てないでしょ。


昨日はほんとモヤモヤした。
そのお客さんもシンガポール人の投資家と自分でやった方が全然早く動けるし、
今後のことほんまに考えたって。
まあそうなるわな。



シンガポール人の働き方見てたらほんと気持ちいい笑。
同僚とか見てても本当に無駄なことはしないし、
たぶん日本人のやり方なんてきっと理解できないと思う。

わたしのことを見て何をいつもPCに向かってメールしてんのと聞かれたこともある笑。
わたしは日本人がゆえに日本からの問い合わせがいつもわたしのところに来る。

日本人ってすごい丁寧にメールや資料を作りこんでくるけど、
そもそもそれって必要なの?って言われたこともある。

郷に入れば郷に従えで、
わたしもいつのまにかSMSで仕事するようになった笑。

何かあればお客さんにはWhatsapp、Messenger、LINEなど。
今までなら見積もりをちゃんとエクセルで作ってとかしてたけど、
写メ撮ってパパっといくらですでメッセージ送るだけ。

正直お客さんもこっちの方が楽やと思うし。

業種や業界にもよると思うけど無駄なことは止めて、
シンプルに仕事することは大事やなと。

うちの会社のローカルなんてほんと仕事しない笑。
決めるとこ決めてきてて、年に一度の給与交渉はきっちり。
ぬかりないよねー。


給与交渉なんか今まで生きてきてしたことないし、
やっぱ自分の出来でここまで給料を要求するなんておこがましいとか
勝手に思ってしまう。。


同僚には言うのはただやのに何で言わないのとか言われるけど
日本で育ってきたこっちからするとお金をするなんて。。
みたいな感情が先に出てくるけど。。笑。


自分の価値を下げて見すぎ。
だいぶマシになってきたけど。


今まで育ってきた環境というの良い意味でも悪い意味でも
自分を洗脳してるんやと思う。


これが普通、○○しないのはおかしい、○○するのが良しとされる。


この今までの自分の常識の軸をズラしていくことで
自分の視野を広げていけるんやと思う。



ローカルの会社に入ってほんとよかった。


LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, 考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

海外就職ってどうするの?英語は?inシンガポール

Sponsored Link こんにちは、しほです。 私はシンガポールで現地採用として2年半働いています。 今日は私の経験を基にシンガポールで就職活動をする際に疑問、5つのポイントについてお話していき …

やらない理由を探さなかったから今シンガポールで働いてる

Sponsored Link こんにちは、しほです。 『へえ!シンガポールで働いてるの!すごいね!』 久しぶりに会う友達や知り合いの人から100%の確率で言われます。 実際働いてみると案外普通です笑。 …

女性必見!シンガポールロブションを1万円で食べる方法!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は本当にお得な情報、絶対満足な情報をお届けしたいと思います! シンガポールに来る予定のある女性! シンガポール在住の女性! 絶対いくべし! な …

シンガポールラーメン戦国時代!一風堂蔦三宝亭一幸舎麺屋武一など

Sponsored Link こんにちは、しほです。 大変です!シンガポールがラーメン戦国時代に突入しました! いや、もうまじでシンガポールのラーメン屋何個あるんですかって話。 思い出せる限りレビュー …

シンガポールに来たらバクテー絶対食べて!おすすめの店舗!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は日本人大好き(なはず)バクテーをご紹介! 日本からシンガポールに旅行に来られる人は絶対試してほしい。 日本から友達が来てくれる時は必ず連れて …