シンガポール 観光地

高齢者と行くシンガポール! 配慮すべきポイント4つを紹介!

投稿日:2017年4月28日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

先日わたしのおばあちゃんが妹と一緒にシンガポールに来ました。
その時に感じた配慮すべきポイントとわたしなりのポイント4つをご紹介します。

わたしは今まで年の近い、
どちらかというとバックパッカーよりの旅行ばかりをしてきました。
もうペースが違いすぎて
でもおばあちゃんに無理させる訳いはいかず。。

プランを色々と考えました笑。
ちなみにわたしのおばあちゃんは80歳を超えています。
海外旅行の経験もほぼなしでした。


結論!
シンガポールに来てもらって大正解!

配慮すべきポイントすらクリアしていれば、
間違いないです!
治安もよし、人もよし、食べるものもよし!


配慮すべき6つのポイントって?




1.フライト


これは出発するエリアにもよりけりですが、
大阪は悲しいかな直行便はSQ(シンガポール航空)しかない。
ANAの人から聞くと、やはりお金の取れるビジネスマンの数が
東京に比較して少ないことから直行便がないそうで。。

だからシンガポール航空の値段はいつでも強気笑。
さがんねー。東京の方がエアラインの数も多いから選択肢も多いし。

東京からだとその時期にもよりますが、
ざっと夏休みシーズンの7月、8月で飛行機のチケット代だけで1人6万弱。
3泊分のホテル代5万弱ほどでした。

航空券とホテルのみで自分で手配する場合は1人につき10万円ほどでした。
(スカイスキャナー調べ)
ホテルのグレードによってはもっと高くなります。
しかも、夏休みシーズンは大手旅行代理店がツアー客用にホテルを押さえているので
時間との勝負という感じでしょうか?

一方ツアーの場合、

12万円から20万円超えまで色々ありました。
高いものはホテルがベイサンズであったりそんな感じ。

ちなみにうちの妹はフリープランのDeNAトラベルで来てました。(大阪発)

ホテルのグレードによって値段の差異はあるものの
そこまでの大差はない感じですね。

ただ!チェックしてほしいのは、
値段もそうですが、時間!

シンガポール着が早朝着だと
おばあちゃんにはキツい!ことが判明。

妹とおばあちゃんが来た時は早朝着で
その後昼前に現地にいるわたしと落ち合う予定でした。

しかし、朝8時すぎくらい?
まだ寝てたんですが、妹からLINEで鬼電笑。

ホテルのWi-Fiを使って電話してきてたんですが、
何と、アーリーチェックインができず。。
ツアーによっては追加料金支払いさえすれば
オプションで付けれるみたいですが、ホテル側が満室で今掃除してるからダメ!
とのこと。

もうおばあちゃん疲れ切ってホテルの休憩室みたいなとこで横なってました。。
かわいそうに。

妹は元気でもやっぱおばあちゃんくらいの年になると
しかもフライトに慣れてないとなるとそら疲れる。
出発が日本の朝で昼着便くらいの方が良いかもしれないですね。
アーリーチェックインの選択肢があるなら高齢者の方にとってはありがたいかも。



2.ホテルの立地


ホテルの立地はツアーでいくならばだいたいシティエリアが多いと思うので
間違いはないと思います。
値段があまりにも安いなーってゆうのは
ホテルの記載がなかったりするみたいですね。

シンガポールは小さい国なんであまり気にしなくて良いかもしれないです。
ツアーでなく、自分で手配する時は

オーチャードエリア、マリーナベイエリアがおすすめでしょうか。
セントーサはアクセスがあまりよくない。高い。
セントーサの観光をメインに考えられている方はOK。



3.移動手段


タクシー一択!

ここの記事にタクシーの乗り方について詳しく書いているので、
参考にしてください。

すごい近場!っていうのであれば移動は電車でもOKだと思います。
でもずっと電車で移動していると、やっぱり疲れるんですね。
うちのおばあちゃんは電車にも乗ってみたいと言っていたので
何回か乗りました。

そうなんです、シンガポールって暑いの。
でもモールや建物の中って寒いの。

暑いとこ寒いとこを出たり入ったりして
さらに暑い中歩いたりしていると本当に疲れる。
若くても疲れる。さらに高齢者ならなおさら。

ここは配慮してあげたいポイントですね。



4.休憩ポイント


移動や慣れない土地に行き、さらに限られた時間の中で
あれもこれも行きたいってしているとほんと疲れますよね。

ここでおすすめの休憩ポイント。
しかもローカル感まで味わえちゃう笑。

ピーポーズコンプレックスのフットマッサージ。

なんやねん、人々の複合施設って笑。
場所はチャイナタウンの駅すぐにあります。

ここの3階はマッサージ屋さんがひしめきあってる。
主にフットマッサージと肩をメインにやってます。
もちろんボディもあるけど。

日本からの観光客も多いのか、
各店の受付のおばちゃんたちが日本語で勧誘してくる。
一見怪しそうなダーティマッサージ屋に見えるかもしれませんが、
ここはそーゆうお店ではないので問題なし。
ぼったくりもないし、チップもなくてOK。

ここで束の間の休息。
リフレッシュできますよー!気持ちいい!




休憩ポイント2

これも過去記事であげていますが、
シンガポールで有名なTOAST BOXやヤクンカヤトーストで、
コピ・テ(コーヒーや紅茶)を頼んで休憩するものいいですね。


シンガポールは日本の真夏より暑くはなく、
年中30度前後の気温ですが、湿度が高いため汗をかきやすいです。

水分補給はこまめにし、
自分は大丈夫だと思っていてもおばあちゃん世代の高齢者の体調のことを考え、
涼しいところで休憩を挟むことをおすすめします。


治安は日本と同じ、もしくはそれよりも安全と感じています。
バックパッカーには物足りないと思いますが、
旅行初心者にとってはばっちりおすすめできます!






LINE@はじめました!
海外就職のことシンガポールの観光のこと、シンガポール全般のことなんでも
お気軽に相談してください!

Add Friend

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, 観光地

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

これで完璧!シンガポール在住者が教える現地での服装編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールに観光に来られる際の服装についてお話していきたいと思います。 旅行先での服装って想像しにくいですよね。 そこで現地からリアルな情 …

日本の教育は悪!英語力がないからって海外就職諦めてない?

Sponsored Link こんにちは、しほです。 タイトル結構強めですね笑。 つい先日シンガポールに1ヶ月前に来たばかりという女の子に会いました。 その時に来た理由などを聞いていて、 ふと感じたこ …

合理的国家シンガポール、非合理的国家日本。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 昨日日本に出張から帰ってきたお客さんと話していて おもしろいなーと思ったので 今日はその話をシェアしたいと思います。 その人はシンガポール在住2年 …

シングリッシュ ラー! La La Land seems like Singapore!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はLion Cityシンガポールの独特なあのあれ、 シングリッシュについて大阪弁で笑!書いていきまーす。 ほんとおもしろい、この国のことば。 …

シンガポールのリバークルーズっていくら?ベストな時間は?

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールリバーのリバークルーズについてご紹介します。 わたしはシンガポールに初めて来た時に乗りました。 その時の残念な体験と共におすすめ …