留学 自己紹介

それで本当に大丈夫?失敗しない留学先の決め方、基準の設け方。

投稿日:2017年2月14日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

今回は私が留学した際に学校を決めた方法、基準の設け方を書いていきたいと思います。


留学先を決めるのって大変ですよね?国も様々、金額も様々。
国を選んでも学校だって山ほどあります。
そんな時、何が一番大切だと思いますか?


自分のゴール設定。留学後どのようになりたいのかです。

わかってます、当たり前のことを言っているのは。
でも本当なんです。
これでだいぶ精査できます。
最近は学校の様子をブログであげていたり、現地にいる留学アドバイザーや現地スタッフと連絡を取り、
アドバイスをもらうこともできます。


ステップ1 留学後の自分はどうなっていたいか?


英語でビジネスを学び、それを次のステップで活かしたい。

これでした。
最初はアメリカの大学の語学学校に行き、その後2年間のコミュニティカレッジに通い、
OPTという枠で無償でも有償でもインターンをしたいと考えていました。
私の場合、退職しているので時間はありました。しかしながらお金がありません。
調べていくうちに授業費は払えても生活費、家賃を考えた場合本当に無一文になってしまうレベルでした。

そこで語学学校は別のところで学べるという新しい選択肢を見つけました。
例えば、アジア圏など。


ステップ2 情報を集めまくる。0.5秒で行動する。


手当たりしだいに情報を集めまくりました。
資料を請求したり、セミナーに参加したり、Twitterやその学校のホームページ、
はたまた学校に通っている生徒のブログなど。

今の時代は本当に便利になりました。
知りたいことがあると、行動すれば何でも情報は手に入ります。
ただ精査することが大切ですが。。

私の性格上周りに流されやすいので、もし周囲が英語の勉強もせず遊んでばっかり、
結局遊学に来たという人間が多くいる場所に属してしまうと絶対自分もその中に入ってしまうと思っていたため、
あえて厳しい学校に絞っていきました。


そこで見つけたのがセブ島にあるまだ設立されて当時半年ほどのサウスピークという学校でした。
この学校は変わっていて、生徒は日本人のみ。


え?日本人だけ?


そうですよね、思いますよね。
でも私はあえてここを選びました。
ホームページにはセブ島の青い海!とかは一切なしでインプットとアウトプットを重視している学校。
自習時間の目安と英語の伸びのようなものが載っていました。
早速問い合わせました。この0.5秒で行動するのは大事です。明日しようと思っていると一生人間は前進できません。

Skypeで相談し、自分の思い、セブで勉強した後はアメリカで英語で勉強をしたい。
そこのレベルまで持っていきたい話しをしました。
結局生徒は日本人だけですが、授業自体はマンツーマンでそれ以外は基本的にほぼ自習に当てるというスタイルだったので、
私はこの学校に決めました。

アメリカ留学では入学基準でTOEICもしくはTOEFLのスコアが必要だったので、
セブに留学するまでに自分でできる限りのことはしました。

私は基本的には怠惰なタイプですが、一度目標やゴールが決まるとそれに向けて頑張れるタイプの人なんです。
だってそのゴールを考えるだけでワクワクするから。
そのことばっかり考えてましたね笑。

忘れてました。仕事している時は。
こういう風にわくわくすること。
でもやっぱり人間って自分の本当にやりたいこと知って、新しいこと知って、見て、感じてないと腐っていくなと思います。
やりたいことが見つからなくてもいいんですけどね。例えば私みたいに仕事が嫌すぎてそこから逃げたい一心に違うことに目を向けていく。


そうしているといろんな情報や手段とかが勝手に自分に入ってくると思うんです。
それを見つけて全部やっていきたいなと思いました。


振り返ると証券会社での仕事がすごい楽だったら今こうやってシンガポールに住んで仕事はしてないだろうなと思います。
なのであの時の経験、感情には感謝してる。

結構人に言われたのはせっかく一部上場企業に入ったのに3年で辞めて、
突然留学って留学した後どうするん?とか、仕事辞めて大丈夫なん?お金は?

みたいなこと聞かれること多かった。
その先なんて誰にもわからないし、お金なんか仕事選ばんかったらバイトでも結構なお金もらえる。
仕事辞めることのリスクよりも、心底好きやない仕事を続けておもしろくない毎日過ごしてる方がリスクあるよ。

誰の人生なん。
会社なんか考えれば、私1人が辞めたところで1ミリも痛くもかゆくもない。
だってまた雇えばいいんやから。
そらコスト的な問題はあるか知らんけど、会社のために死ねるかゆーたらそんなこと絶対ないでしょ。




だからやりたいことは絶対我慢しないでやった方がいい!

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-留学, 自己紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

超スパルタ学校〜常夏セブ島での語学学校体験

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はセブ島語学留学のことについて書いていきます。 この前の記事のつづきですね。  この学校はインプットは授業以外の自主学習で、アプトプットを授業 …

no image

シンガポール在住元証券マンの自己紹介。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 最初の投稿なので自己紹介します。 東京生まれの大阪育ち。 今となってはシンガポールに住んで仕事してますが、数年前までは早起きして満員電車に揺られて …

no image

シンガポール在住元証券マンの自己紹介2

Sponsored Link こんにちは、しほです。 昨日のつづき。 仕事に嫌気がさしてきた入社2年目。 いや、正確には結構1年目の早い段階から嫌気はさしてました。。 ちなみ私が入社した時期はギリシャ …

シンガポール現地採用者のTOEIC300点から800点にあげた勉強法。

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は過去に私が実践していたTOEICの点数をあげた勉強方法について 書いていきたいと思います。 おすすめの教材はなに? これはTOEIC公式問題 …

シンガポール在住元証券マンの自己紹介3

Sponsored Link こんにちは、しほです。 昨日のつづき 仕事が嫌なる、自分は本当は何をしたかったのか、何がしたいのかろ自分と真剣に向き合いました。 大学生の時なんかほんっまに何も考えてなく …