シンガポール シンガポールの日本食レストラン

シンガポールのバブリーすぎる日本食レストランMIZUKI

投稿日:2017年5月29日 更新日:

Sponsored Link



こんにちは、しほです。


いきまーす、高級店シリーズ!

今日は MIZUKI!

あんまりフリーペーパー見ませんが、
きっと宣伝してないはず。。

3月末からオープンしていたんですが、
実は夜のみという。
夜は恐ろしいので、ランチがやっとオープンしたので行ってきました!


MIZUKIってどこ?


MIZUKIは高島屋の中にあります。
SUSHI-TEIがあるところなんですが、この前行ったらSUSHI-TEI潰れてた。。

住所:391 Orchard Road #05-32 Ngee Ann City Podium Block Singapore 238872
電話:67346308
予約:enquiry@mizuki-intl.com
営業時間:ランチ、何時からかわからない!でもラストオーダーは2時です。
     ディナー:18.00-23.00(ラストオーダー21.30)
月曜日はおやすみ。


見た目すっごい入りにくい笑。
しきい高くて呼ばれてへんわ。。ってなる。
そのためにしっかりとメニューの写メ撮ってきました笑!!!



どんな雰囲気?


このお店は、実はインペリアルトレジャーという香港系のオーナーの奥様が定年で引退を気に趣味???で大好きな日本食をやる!というような経緯でオープンしたお店。

インペリアルトレジャーって、
シンガポール、中国、香港、韓国、フランス(2018オープン予定)、
イギリス(2018年オープン予定)にレストランを持つ中華料理のお店。
2017年には上海のお店で上海ミシュランガイドで2つ星を獲得。



まあ、そこのオーナーの奥さんてなくらいやから。。
くそ金持ちってこと。


日本人の天ぷらシェフが2名いました。
1人は香港から、もうひとりはなんとイタリアから来られたそう。。

店内は個室が3つ。
完全に接待用。
あとは変わった造りでしたが、
天ぷら用のカウンターと寿司カウンターと別れています。
お店の席数自体は30席ほど。


内装金かけすぎ事件笑。


シェフの人に話しを聞くと
戸棚も全部石川の輪島からオーダーメイドで取り寄せ。

名前忘れたけど何とか焼きという焼き物で壁を覆っている
そのひとつひとつを合わせると10000万ドル(80万くらい)

さらに寿司カウンターと天ぷらカウンターそれぞれお客さんが座った背中側には
ヒノキを細かく細工した壁?壁っていうのかな?もうよくわかりません。

デザイナーの人が言ってたらしいですが、
この世界のどこを探してもこんなにお金をかけてるお店なんてないですよ。。
とのことw

MIZUKIのオーナーが湯のみ、水をいれるコップの1つ1つまで
こだわって決められているそう。。

現代のマリーアントワネットらしいw
生まれてこのかた不景気しか体験してないあたしにとって
こんなバブリーな世界ははじめてでしたw

シェフの方たちは非常に気さくでどんどん話かけてくれます。
全然緊張しないよ!
イタリアから来られたシェフの方は
イタリア時代に働いていた日本食には長友がきてたよ!
といって長友とのツーショットの写真を見せてくれたりました!


それでメニューは?



以下の写真の感じです。
横にスライドしていくと料理やメニューがみれます。




高いけどランチならまだいける?
味はおいしいけど、久しぶりに天ぷらみたいな油モンを食べたので
胃がびっくりして胸焼けw
もったいないw


となりにシンガポーリアンの2人の男性が座っていました。
1人の男性がわたしのケータイカバーを見て、
どこで買ったん?と話かけてきて、
君もまあ、飲みなさい!って言われてくれた。
ら、ラッキー笑。
このケータイカバー付けててよかった。。


話していると、
オーナーの友人とのこと。
昼間からお酒あけてましたw
聞くと実はその日の前日のディナーもMIZUKIに来てたらしいw
一体全体この人たちは何もん?!


くそ金持ちに違いない。。


とこんな感じで気持ちだけ金持ち感が味わえる空間ですw
実際は現地採用という底辺ですがw


ホームページにもあまり情報が載ってなかったので、
ぜひ参考にしてみてください。



LINE@はじめました!
シンガポールの観光のこと、海外就職のことなんでもご相談ください!
無料です。

Add Friend

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-シンガポール, シンガポールの日本食レストラン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シンガポールの湯の森でローカルに一番人気なお風呂はあれだった件

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールにある、 シンガポールにいる日本人なら知らない人はいないであろう 『湯の森温泉』に久々に行ってきたのでそのレポ記事を書きます。 …

2017最新!ジェットスターに食べ物の持ち込みはできるの?

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はジェットスターの機内に食べ物を持ち込んでよいのか?ということについて書いていきたいと思います。 国内のちょっとした移動距離でもLCCによくあ …

no image

シンガポールのOSAKAきっちん。に行って来た

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はOSAKAキッチンにいってきたのでそのレポ。 勝手にお好み焼きのお店と思って事前情報なしでいきました。 もうすぐJapan Foodtown …

シンガポール生活に絶対必須な神ツール!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はシンガポールで生活する人には 超おすすめの神ツールをご紹介します! それは。。 REDMART レッドマート Redmartレッドマートって …

シングリッシュ ラー! La La Land seems like Singapore!

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はLion Cityシンガポールの独特なあのあれ、 シングリッシュについて大阪弁で笑!書いていきまーす。 ほんとおもしろい、この国のことば。 …