インドネシア

バタム島〜シンガポールから40分で行けるインドネシア

投稿日:2017年2月20日 更新日:

Sponsored Link

こんにちは、しほです。

今回はシンガポールから40分で行けるバタム島というところについてお話します。

バタム島への行き方
バタム島へはまずシンガポールを出発点に考えます。
船はハーバーフロントセンターから4社、タナメラから1社の合計5社の船会社があります。
便数はかなり多く、各社1日4便から12便ほどでています。
週末はゴルフに行く人が多いため事前にネットで予約をしておいた方が良いです。

私はタナメラからノングサブラというところに行ったので片道40分でした。
他にも港はバタムセンター(片道70分)やハーバーベイ(片道50分)、ウォーターフロント(片道60分)があります。


シンガポールの海ってどんな感じか知ってます?
かなり人工的なんです。

セントーサ島という、一応リゾートがあるのですが、
この島はシンガポールで南に位置していて、橋を渡っていく島です。
ユニバーサルスタジオがあったり、カジノがあったり、ゴルフ場があったりします。

まあ、シンガポールのお話は置いておいて。
シンガポールから船で行けるインドネシアの近場の島が2つあります。

1つあはビンタン島。
もうひとつはバタム島。

週末にちょちょっと行けちゃう島なので、日本人もよくゴルフをしに行ったりしている人たちが多くいます。
あ、ちなみに物価はシンガポールとほぼ一緒です。

インドネシアってやっぱり物価安いイメージがあるけど、
ここはもうシンガポールです。一緒です。

ノングサブラはリゾートがメインな地域で各ホテルが港にバスで迎えにきてくれるというシステムです。
私はリゾートホテルに泊まったのですが、
ホテルの部屋番号を何かものをオーダーした時に伝えるだけで現金はあんまり持たなくてよかったです。
でも、高い。

海は結構綺麗でした。
私が行った時は結構風が強く、3月頃だったのですが、
海やプールからでた時ちょっと肌寒く感じました。
でも日差しが強いため日焼けにはご注意を!

海はこんな感じでした。


あんまり普段はリゾートホテルに泊まることはないので良い経験になりました。
ヴィラだったので夜も静かで、繁華街からは遠く離れているところだったのでホテル以外は何もない!みたいな感じでした。

ホテルですべて完結させるような内容です。
レストラン、プール、海、以上!みたいな。

ゆっくりするには持ってこいです。
プールサイドで本を読んだりしてずっとゴロゴロしていました。

やっぱりここも欧米が多かったです。
毎度毎度思うけど欧米は人生の楽しみ方をよく知っている。

日本人は休みがとれないから旅行にいくってなったら朝早くから夜遅くまで観光地巡りで結局疲れて。。
でもこーいったゆっくりと何もしない時間を楽しむスタイル。良いですよね。
シンガポールに来てからはこういう時間の使い方に気づけたことに感謝しています。



私が行ったのは2年前だったので、まだ日本のパスポートを持っている人は入国時にビザ代を支払わなければなりませんでしたが、
今ではそのビザもなくなりました。


船も40分だし、海が荒れることも乾季だとまずないので船でもゆっくり本読んだり、寝たりしていました。
こんな時間の楽しみ方を続けれる生き方を追求していきたいなー!

LINEで送る
[`yahoo` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sponsored Link

-インドネシア

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インドネシア プラウスリブ〜ティドゥン編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 タイトルだけではあんまりわからないですよね。 インドネシアってご存知の通り、島がほんっとうに多いんです。 横に広くて大きさでいうとアメリカ大陸くら …

バリ〜サーフィン初体験の巻

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日はバリについて書いていきたいと思います。 バリはもう日本人の人でもよく知っているリゾートですよね? バリ島はインドネシアに属している島で、イン …

バリ島のとなりに位置するロンボク島

Sponsored Link こんにちは、しほです。 突然ですが、ロンボク島って知っていますか? ロンボク島とはインドネシアに属していてバリ島の東に位置する島です。 もうね、すっごく良い。 海が本当に …

インドネシア プラウスリブ〜セパ島編

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今日は昨日の記事に引き続いてプラウスリブの島について書いていきます。 ティドゥンからセパ島に移りました。 この移動に船をチャーターしてもらったんや …

アニエール〜ジャカルタから陸路で1時間半の旅

Sponsored Link こんにちは、しほです。 今回はインドネシアのアニエールについて書いていきたいと思います。 実はアニエールというのはプラウスリブの中にもあるらしいのですが、 今回行ったアニ …